ようこそ!!!
当ブログは、2009年8月スタート致しして、羅臼の様々な観光情報を提供しております。
過去情報は、左側のカテゴリーの中などから、お探し下さい。
ごゆっくりしていって下さいね。

2010年02月04日

ひろ瀬さんの定食です

【情報提供 ひろ瀬】

 こんにちは。

 本日は、ひろ瀬さん(0153-87-3388)のお料理を紹介しましょうか。 

0204ひろ瀬たらみりん定食.JPG


 たらをみりんなどの調味液につけたものをあぶったたらみりん焼きとご飯のセットです。

 小鉢は、たらの胃袋のとも和え。胃袋の歯ごたえと、肝のうまみ、白髪ネギがいいアクセントです。

 そして、たちのお味噌汁、程よい弾力ととろける触感。

 
0204ひろ瀬たらみりん.JPG


 見てくださいよ、この照り、シンプルな鱈の味をみりんがフォローするわけです。

 ただ、いつ行ってもあるというわけではないので、坐って、何が頂けるのですか?という中から、注文するようです。

 知床羅臼の最新情報は、こちらから見ることができます。

 よろしくねっ!!!

****************************************************************
ご意見ご感想、不明な点、掲載物に問題がある場合は
【知床羅臼町観光協会】まで
皆様情報提供随時お待ちしております。
0153-87-3360
info@rausu-shiretoko.com
本日 晴れ 気温 国道の路面が乾いています。 14:15現在
posted by 知床羅臼町観光協会事務局 at 14:15| Comment(0) | 飲食店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

ほぼ毎日更新!、羅臼ほんものニュース

(情報提供 【味処漁火】

       
本日は、ほんもの体験フォーラムの羅臼分科会でお出ししたお弁
当のご紹介です。

 ほんもの体験フォーラムとは、体験観光の事例発表や、パネルデ
ィスカッションなどを通して、人的・知的交流を図るという企画で、
今年は、標津町を主会場として根室管内で行われる会合です。

 そのフォーラムの羅臼分科会にご参加の皆様に、ご提供したの
が、その名も

羅臼海物語1110.JPG

写真1
 羅臼海物語 総集編

 です。

 こちらのお弁当を作ったのが、味処漁火さんです。

 羅臼の町中で、料理屋さんとビジネスホテル漁火をやっていま
す。

 中身はこちら。

羅臼海物語11102.JPG

写真2
 巻物 羅臼の昆布で巻いたもの、うに、〆鮭、梅肉

 のりまき出なく、昆布巻き(8月)、そして、中身が、上の通り

 うに(1月〜2月)
 〆た鮭(9月)
 梅肉(3月)

 なのです。

羅臼海物語11101.JPG

写真3
 お弁当中身

 中身の料理は、以下の通りです。

揚げ物は、サメガレイ(11月)を昆布粉末とでんぷんでから揚げして
ブラックペッパーで香りづけしたもの。

焼き物は、帆立(7月)の串焼きとトキシラズ(6月)のムニエルと出し
巻き卵はそい(5月)のそぼろと一緒に焼いたもの。

煮物は、ドスイカのイカ飯(4月)は海洋深層水使用を使って炊きま
した。蛸(12月)の煮物も、羅臼昆布と海洋深層水使用を使いまし
た。そして、ホッケ(9月)の大根巻は、ホッケを熟成させて大根で
巻いたもの。

 ちなみに、食材の横にある○○月というのは、3月の梅をのぞい
て、羅臼でその月にとれた魚介類をつかって創った、羅臼に生きる
料理人の渾身の一作なのです。

 味を見ていただいた方にはどのように伝わったのでしょうか?

 ということで今回のフォーラムの間、羅臼にいずっパリだった、
感想を書かれている、大月町観光協会の安岡さんのブログ
ご覧いただきましょう。

 おいしいかったのですが、ボリュームもあって食べきれなかった
とのこと。それはそうですよね。12ヶ月が詰まってますから。

 ありがとうございます。

 機会があったら、皆さまも、漁火さんの弁当をご賞味ください。

 知床羅臼の最新情報は、こちらから見ることができます。

 よろしくねっ!!!

*********************************************************
ご意見ご感想、不明な点、掲載物に問題がある場合は
【知床羅臼町観光協会】まで
皆様情報提供随時お待ちしております。
0153-87-3360
info@rausu-shiretoko.com
ラベル:羅臼 知床
posted by 知床羅臼町観光協会事務局 at 00:00| Comment(0) | 飲食店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

ほぼ毎日更新!、羅臼ほんものニュース

(情報提供 食事処鰍 )
 

新メニューお披露目会
 

 こんにちは。

 本日の、情報提供は食事処鰍さん(tel 0153-87-2818)
です。

 場所は、道の駅「知床・らうす」の道を挟んで反対側の、市街地
よりにあります。
 お寿司や、定食、牛トロ寿司、鍋物など、羅臼の海の幸をいただ
けるお店です。
 場所など不明なら、観光協会か、案内所まで。
 
 さて、今回は、11月から3月までの冬季限定メニューのお披露目
会がありました。

 口(味覚)と口(口先?)が肥えた元地元の漁師さんを呼んで、これ
からが旬の助宗鱈の湯煮の試食をさせていただいたのです。

61_1sukeso.jpg

写真1
 これが、羅臼沖で取れる、日本一の助宗鱈だ。
 
 見てください。この目の輝き。この凛とした顔つき。

 まるで生きているよう。そして、羅臼の前浜で揚がったことを誇
っているよう。

 それもそのはず、その日(10月17日)のお昼に、羅臼で水揚げされ
たばかりの助宗鱈を仕入れて、料理をする前に、写真を取らさせて
いただいたのですから。

 大将のことですから、鮮度抜群でなければ、お客様には、お出し
しないことでしょう。

 写真を取らさせていただいてから、40分ほど立ってから、料理を
お出しいただきました。

61_2susisukeso.jpg

写真2 
 助宗鱈寿しセット \2,100也

 助宗鱈の湯煮とお寿司6カン、そのお寿司も、羅臼のサメガレイ
やホタテ、鮭など大将厳選のものです。(ねたは、時期により変更
有り)

 まずは、湯煮を頂きます。

 鱈のさっぱりした味わい、身の食感、身と身の間から昆布の香り
がただよってきます。

 口の肥えた元漁師さんも、美味しいとおっしゃっています。

 最初は、大根おろしに醤油で食べていましたが、元漁師さんが、
「ポン酢もうまいんだよね。」と言い出したので、お試しに、大根
おろしポン酢で食べてみました。
 
 上品な鱈のうまみをポン酢がしっかりとキャッチしてくれるよう
な感じで、相性がぴったりと言う感じです。さすが、おさかなを知
っている元漁師さんならではの提案です。

 「ポン酢を別なお皿に出して、合わなければ、醤油を掛けてもら
えばいい。」
 
 幅広いお客様をこれでキャッチ。

 もういっちょ。紅葉おろしポン酢で頂いてみました。一味できり
っと味が引き締まる感じがして。

 結局、最後の紅葉おろしポン酢でおだししましょうかというとこ
ろに落ち着きました。 
 
61_3sukeso.jpg

写真3
 やっぱり・・・

 羅臼にきたら、こちらで一杯してほしいですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 食事処鰍さん 助宗鱈限定メニュー 11月〜3月

 ※ 助宗鱈の湯煮   − \840
 ※ 助宗鱈湯煮定食  − \1,470
   助宗鱈湯煮、ご飯、小鉢、香の物、汁物
 ※ 助宗鱈寿しセット − \2,100
   助宗鱈湯煮、にぎり5カン、吸い物
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 11月以降羅臼にお越しの方は、鰍さんで、ほんものの助宗鱈をご
賞味あれ。

 知床羅臼の最新情報は、こちらから見ることができます。

 よろしくねっ!!!

*********************************************************
ご意見ご感想、不明な点、掲載物に問題がある場合は
または、取り上げてほしい事柄、商品などございましたら、
知床羅臼町観光協会まで
皆様情報提供随時お待ちしております。
0153-87-3360
info@rausu-shiretoko.com
posted by 知床羅臼町観光協会事務局 at 00:00| Comment(0) | 飲食店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。