ようこそ!!!
当ブログは、2009年8月スタート致しして、羅臼の様々な観光情報を提供しております。
過去情報は、左側のカテゴリーの中などから、お探し下さい。
ごゆっくりしていって下さいね。

2010年07月15日

世界自然遺産登録5周年記念切手、優秀作品受賞者の横顔に迫る、第八弾


 こんばんは。

 知床羅臼町観光協会のHPで、告知しております通り、優秀作品の11点が選考され、切手のデザインが決定いたしました。

 切手発売日まで、全体像は、お楽しみとして頂きまして、本日8日から16日までの9日間を使いまして、優秀作品11点の撮影、創作者を一日一名、当ブログにて取り上げていきます。

 8人目は、

 町内にお住まいの川原綾子さんです。

 作品はこちら。

オオワシと流氷(撮影:川原綾子様) ブログ用.jpg

 題名は、「オオワシと流氷」。

トド(撮影:川原綾子様) ブログ用.jpg

 そして、「トド」。

メンメ(創作:川原綾子様) ブログ用.jpg

 最後に「メンメ」。

 おめでとうございます。

 おひとりの方が、三点選ばれたということが、公平性を証明しております。担当者一人以外は、審査員は、誰一人として、どれがだれの作品かわからないまま審査をさせていただいたのです。
 
 素晴らしい作品を提供いただきました方が、選ばれたのです。

 入賞に関してコメントを頂きました。

 羅臼は漁業の町なので、
 大漁旗をイメージした絵を制作しようと思いました。
 鮮やかなメンメと昆布を泳がせたことで、
 羅臼らしい大漁旗となったと思います。
 また、トドは怖いと思われがちですが、
 水中では優雅に泳ぎ、優しく可愛い目をしています。
 入賞を通じ、
 海に暮らす生き物たちを少しでも身近に感じて頂けたら嬉しいです。


 川原さんは、知床ダイビング企画で、スタッフさんとして働いていらっしゃいます。

 当協会では、日本でも有数の厳しいダイビングポイントなのですとご案内をさせていただいております。

 そこでお仕事されて8年目とのこと、水中での素敵な体験、もしかしたら、厳しい体験も積んでおられるのかもしれません。

 羅臼に対する思いも頂きました。

 羅臼の魚を食べ、海に潜り豊かな海をお客様に案内し、
 かわいい野生動物たちにほっこりする日々。
 私の日常は羅臼の自然や生き物によって成り立っています。
 羅臼町に暮らす人間・動物・植物が、
 それぞれ自然に生き続けていけたらと願います。


 コメントありがとうございます。

 そんな、川原さんのお仕事振りの一面は、知床ダイビング企画の最新海情報でご覧いただけますよ。

 もし、切手コンテスト、2回目が行われるようでしたら、採用される写真が、こちらのページをご覧になっているあなたのものであるかもしれません。

 明日は、どの優秀作品賞の方を取り上げましょうか?

 と言いましても最終日。

 もうお一方しか残っておりません。

 お楽しみに。
posted by 知床羅臼町観光協会事務局 at 19:34| Comment(0) | 羅臼ほんものニュース(ノンジャンル色々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。